スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日小屋清掃

11月4日
メンバー:会外7名、新井(記)

2回目の大日小屋清掃へ行ってきました。
今回はDreamBoxのtatuさん、クライミングジムOZのカズさんとカオリンを迎え総勢8名で行いました。

前回同様にテント場を掘り返してのゴミ拾いでした。
人数が増えた事により前回よりも大量のゴミを回収する事ができましたが、埋まっているゴミの量や回収したゴミを歩荷で下ろさなければならない為、まだまだ時間がかかりそうです。

今回も大量です。
DSCF7840_convert_20121107204106.jpg

歩荷でおろします。足鍛えたい人どうですか?
DSCF7856_convert_20121107204251.jpg

今回の成果
DSCF7864_convert_20121107204458.jpg

トイレの視察。かなり酷い事になってました。今後、準備をしてトイレの掃除も行っていきたいと思います。
PB040444_convert_20121107205412.jpg

作業後は恒例の小屋の主人との記念撮影。
DSCF7873_convert_20121107205237.jpg

帰りに寄った風とりさんのカツ丼ラーメンセット両方大盛り1100円。なかなかのボリュームでしたが、労働後はこの量でも食べれてしまいます。きつかったけど・・・
DSCF7881_convert_20121107205328.jpg


スポンサーサイト

大日小屋清掃

7/28

■メンバー
今関、会外2名、新井(記)

瑞牆山と金峰山の麓にある大日小屋。
去年の秋、管理人不在のこの小屋のテント場の惨状を目にし清掃を決意し決行してきました。

掃除を開始するまでは軽い気持ちでいたのですが、掘っても掘っても終わらないゴミの山。
大抵のゴミは2,30年前に埋められたであろう缶や瓶。
瓶は割れ散乱しテントを切り裂くおそれもあるし転べば怪我に繋がる。

畳一畳ほどを掘り返しただけでゴミ袋2袋が一杯になってしまうほど。
ゴミを拾いながら山を辞めようかと思うほどに追い込まれ精神的に疲れました。

今後もこの活動は続けていきたいと思っています。
賛同頂ける方は是非とも参加を御願いします。

大日小屋を管理されている富士見平小屋のHP


数cm掘るだけでこの惨状
1.jpg

2.jpg

焚き火までしている輩も居ました。
3.jpg

4人で2時間やった結果6袋。ゴミはまだまだ埋まっています。
4.jpg

メンヒ

7/28(金)

■メンバー
・けん

天気が良くて人がたくさん入っていました。

396134_286596128114570_1994883781_n.jpg
メンヒ登山の前日、偵察にハイキング、後ろの真ん中の山がメンヒです。体幹トレ中。
311510_287228038051379_927117747_n.jpg
メンヒ山頂へのリッジ。切れてるので緊張感抜群。
207540_287228118051371_30272452_n.jpg
天気に恵まれてよかった。
313246_287228268051356_1487387559_n.jpg
メンフィスヒュッテの晩飯。美味しいけど疲れてて食欲が無くおかわりできなかった。
ご飯で一緒の席になった人にいろいろ話きいたけど、理解できたのはたぶん15%くらい。今年は雪が多いらしいってゆ~のはわかった。



5月12日(土)

メンバー:今関、中村、新井(記)

当初は天狗岳の予定で、本沢温泉入り口から登頂を開始し。
本沢温泉について情報を集めると白砂新道が積雪の為に通行禁止とのこと。
軽アイゼンと夏靴装備で無理しても、しかたないので警告を護り夏沢峠を経由し天狗岳へ行く事へ。

と、その前に雲上の湯に寄り道です。

帰りに入る方が良かったけど、事前情報で混雑時は周りに人だかりで見せ物状態と聞いており、人が居ない最初に入りました。

40分ほど温泉で硫黄岳の絶景を堪能すると3人とも登る気力0。

完全に温泉で満足してしまった心を奮い立たせ夏沢峠へむけ出発。
温泉からは踏み固まった雪道で、問題なく夏沢小屋に到着。
夏沢に着いたところで、雪の感じから天狗岳と硫黄岳どちらに向かうか話し合うことに。
小屋の主人に天狗岳と硫黄岳の登山道の状態を聞き、時間的にも余裕のある硫黄岳へ予定を変更しました。
硫黄岳は、まだ少し雪が残るものの山頂付近には雪はなく、アイゼンも出さなくても大丈夫でした。
山頂にて景色を暫く眺め下山開始。

雲上の湯付近にあった広場まで下山し昼食!
仕事終わって寝ずにコネたハンバーグとベーコン、タマネギ、チーズをパンに挟みガチのハンバーガーを、ビール片手に作りだす三十路男。
昼食後、今関さんの入れてくれたコーヒー飲みながら暫しマッタリと過ごした後、2時間ほどの林道歩きをへて、16時頃に車へ戻り太田への帰路につきました。

久々に、のんびりとした山歩き最高。
山岳温泉、ハマるね。
教訓としては登る前に、温泉に入ってはダメ。

登る前の恒例の奴
2360067_1638471192_14large.jpg

日本最高所露天風呂 雲上の湯にて
2360067_1638470563_131large.jpg

夏沢まで雪道
2360067_1638470179_239large.jpg

硫黄岳登頂!
2360067_1638469288_73large.jpeg

長野を見守る二人
2360067_1638469888_1large.jpeg

韮川山岳会は山岳料理人が多い。山ランチ最高!
2360067_1638468711_207large.jpg

ミッション完了
2360067_1638468455_254large.jpg

キナバル

3/8~3/11

■メンバー
・なかむら、けん

420077_207282612712589_100002925547699_372545_931082496_n.jpg

429065_207280732712777_100002925547699_372522_871533168_n (1)

426217_207279619379555_100002925547699_372517_498400221_n.jpg

東南アジアの最高峰、マレーシアにあるキナバルの山頂を踏むことができた!!
移動中や町にいるときは常にタイガービールを飲んでいた。最高の山旅となった。


清掃登山活動
金峰山の麓にある大日小屋の清掃活動を行っています。 綺麗で安全なテント場を取り戻しましょう。
プロフィール

NiragawaClimb

Author:NiragawaClimb
群馬県太田市の外れ韮川地区で太田北中OBが中心になり 宮店を拠点に活動する山岳会
登れる人が! 登れる時に! 登れる山に! 登って下って温泉はいって 呑んで呑んで呑んで のんびり楽しくいきましょう!

**メンバー随時募集中です**
山岳会とか言っちゃってますが、特に岳連登録してるわけでもなく仲間内でワイワイやってるサークル的な感じです。
里山から百名山、はたまたロングトレイルまで幅広く活動しています。
興味が有れば一報ください!
メンバーが優しく対応します!
私たちと一緒に色々な山にいきましょう!
↓御連絡はこちらまで↓
irieomiyaten@yahoo.co.jp

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。