スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳

8/17(水)~19(金)

■メンバー
小林くん、鷹也さん、入江くん、松嶋さん(太田山岳会)、横塚くん(同左)、小柴

初日の工程
上高地~岳沢~上高地~横尾

17日の深夜1時過ぎ、沢渡(さわんど)駐車場に到着。それぞれ車内泊、テン泊。
5時起床、パッキング、着替え、テント片づけ、朝食。バス停へGo!
上高地バスターミナル到着。人がたくさんいる。トイレ、写真撮影などし、いざ奥穂高山へ出発!
いざ出発!

河童橋付近は登山客の他、観光客でもにぎわう。と、そこへ猿の親子発見!
河童橋 さるの親子発見

上高地~岳沢ヒュッテまでの2時間あまりはそれほどきつくない道を進むが、途中から雨が降りだし、各々レインギヤをまとう。岳沢ヒュッテに到着。奥穂高の方は白くガスっていて全く見えない。
岳沢ヒュッテの案内板
この時はまだ小林くんも元気だった?

水2Lを入江くんが、米2合をよっちゃん(横塚くん)が持ってくれ軽くなった。いざ前穂高を目指し、重太郎新道を歩きだす。
重太郎新道へ!

それまでの岳沢の道と違い、重太郎新道は危険度が明らかに増した。大きな岩が増え、傾斜も急になった。邪魔になったストックをしまい、ゴム手袋に代える。雨はますます強く降ってくる。下りてくる団体もいる。岩と岩の間をすり抜けるようにして登る。鉄梯子。雨で濡れているので慎重に上る。鉄梯子を上ってすぐのところで決断の時がきた。小林くんと鷹也さんが下山するという。装備不足でこれ以上登れない。上では雹が降っているという情報も。話し合いの結果、全員いったん下山することに。あのまま登っていても悪天候でどこまで登れたか分からないし、そもそも全員で登れなければ意味がない。
この下山の決断は結果的によい決断だった。下山途中、入江くんが槍ピストンという新たな計画を思い付く。できないことはない。このまま帰るより、一つでもピークを取りたい。
全員いったん上高地まで下山し、上高地から歩いて3時間の横尾を目指す。そこを初日のテン場とすることにした。
奥穂高をあきらめ横尾へ向かう

あたりが暗くなり始めた午後6時過ぎ、ようやく横尾に到着。できるだけ砂利の小さな場所を選んでテントを設営。小林くんと鷹也さんは雨をさえぎれるよう、近くの木の下にそれぞれツェルトとネットテントを設営。米5合(!)を炊き、レトルトカレーをあたため、初日の夕ご飯にする。太田山岳会から借りた5人用のテントは、汗とドロとカレーと酒のにおいが入り混じり、なんとも言えないワイルドな香り。明日の登りに向け、早めに眠った。(初日の行動時間:約10時間)

8月18日。2日目。
6時起床。雨は止んでいる。早速湯を沸かし、ラーメンとコーヒーで朝ご飯。テントをしまい出発の準備をする。小林くんと鷹也さんも昨夜はなんとか無事だったようだ。小林くんは槍ピストンに行くかどうかずいぶん悩んだ様子。行く行かないを何往復かした後、今回は槍は断念することに。代わりに鷹也さんとテン場(と山ガール)の聖地、涸沢(からさわ)へ行くことに。

小林・鷹也チームと別れ、入江リーダー、松嶋さん、よっちゃん、小柴の4人は槍ヶ岳約300M下の殺生ヒュッテに向かう。横尾から梓川沿いに歩く3時間あまりはそれほど標高差もなく、川や森林のマイナスイオンに癒されながら快適に進む。途中、雨脚が強くなり雨具をまとう。槍ヶ岳はずっと雲の中にあり、一瞬もその姿が見えない。
大曲を過ぎてひと休み
ずーっと槍は見えず・・・
ニッコウキスゲ
高山植物と登山客

大曲の分岐を過ぎた頃から傾斜がだんだんきつくなっていき、足も痛くなり始めた。まめに休憩を取ったり、高山植物を愛でたりしたが、足の痛みは増すばかりで本当に槍まで行けるのか?と思う。太田山岳会所属3人はさすが脚が強い。それでも私の荷物を持ってくれたり、私が最後にならないように代わる代わる最後尾についてくれたり、3人には本当にサポートしてもらった。ありがたい。
水を求めてヒュッテ大槍方面へ。このあたりになると景色は変わり、岩が大きくなりもう木は生えていない。森林限界を超えたようだ。松のような植物と見たことのない種類の小さな花が咲いている。
水を求めてヒュッテ大槍へ
足痛いけど笑顔で!
脚は痛いけど、ヒュッテ大槍まであと少し!

水場があると思って寄り道したものの、残念ながらヒュッテ大槍の水は有料でした。。重たくなるので結局水は買わず、そのまま今日のテン場のヒュッテ殺生まで向かう。途中、崖の上をよちよち歩く鳥の姿が。ライチョウだ!標高2000M以上の高地で曇りの日の出てくるのだそう。一同テンションが上がる。
ライチョウ発見!画面の真ん中にいるが見えるかな?
岩の色と同化してるけど真ん中にライチョウがいる。

ライチョウに会ってほどなくして、本日のテン場、殺生ヒュッテに到着。暴風。横尾で他のハイカーに聞いてはいたが、ほんとにすごい風。風船になりながら4人でなんとかテントを設営。標高2800m。さすがに寒い。雨が降ってきた。しかも激しい。今日槍のピークを取るのは無理か。30分くらい様子を見る。雨が止んだ。脚はもうくたくただった。ガスっていて相変わらず槍は見えない。それでもここまで来れた。槍はすぐそこだ。明日の早朝槍にアタックするプランもあったが、明日雨が降ってない保証はない。
今日槍を取ることにした。空身になって残りの600mを歩く。標高差は200mくらい?空身になってみんなの足取りは軽い。駆け上がるようにして登る。私は50m後ろをついて行くのがやっとだ。400m、300m・・・、空身のはずなのに、すごくつらい。200m150m、50m、、、。息を切らせながら、槍岳山荘に到着。ここが槍ピークに一番近い山荘。ピークはすぐそこなのに、まだ槍のてっぺんは見えない。あとは気合いと気力で最後の岩山にとりかかる。さながらロッククライミング。鉄梯子、鉄釘、そしてまた鉄梯子。雨で濡れている。そして高所特有の強風。まじやばい。絶対落ちられない。鉄梯子にしがみつき、風が止むのを待つ。そして最後の梯子。長い。上では入江くんとよっちゃんが待っている。
レスキュー保険に入っておいてほんとによかったなと余計なことが頭をよぎりながら、なんとか槍のピークにたどりつく。やった!やっと終わった!なんだか、泣きそうだ。

槍ピークにて
槍ピークにて よっちゃんとま松嶋さん

頂上は思ったより広い。小さな御宮がある。登った証拠に写真を撮り、無事に下山できるようにお願いをして、ゆっくり槍の岩山から下りた。
2日目の工程~横尾~殺生ヒュッテ~槍ヶ岳~殺生ヒュッテ テン泊(行動時間:約8時間)

8月19日(金)
3日目の工程~殺生ヒュッテ~横尾~上高地(行動時間:約8時間)
横尾に戻ってきました その1
横尾に戻ってきました その2

この3日間、歩いて登って下りて、登って登って足が痛くて、この計画に参加したことを後悔したりもした。でも一人では帰れないしみんなについて行くしかなかった。そんな心の弱さを北アルプスの景色や空気が癒してくれ、また一緒に登った仲間が支えてくれた。一人じゃ登れなかった。今回の槍ヶ岳登山で、私は自分の限界を超えられた気がする。今はもう二度と登りたくないと思ってるけど、天気がいい槍をまた見てみたいなという気もしている。
次は晴れた日に


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

清掃登山活動
金峰山の麓にある大日小屋の清掃活動を行っています。 綺麗で安全なテント場を取り戻しましょう。
プロフィール

NiragawaClimb

Author:NiragawaClimb
群馬県太田市の外れ韮川地区で太田北中OBが中心になり 宮店を拠点に活動する山岳会
登れる人が! 登れる時に! 登れる山に! 登って下って温泉はいって 呑んで呑んで呑んで のんびり楽しくいきましょう!

**メンバー随時募集中です**
山岳会とか言っちゃってますが、特に岳連登録してるわけでもなく仲間内でワイワイやってるサークル的な感じです。
里山から百名山、はたまたロングトレイルまで幅広く活動しています。
興味が有れば一報ください!
メンバーが優しく対応します!
私たちと一緒に色々な山にいきましょう!
↓御連絡はこちらまで↓
irieomiyaten@yahoo.co.jp

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。